内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム > 統計情報・調査結果 > 国民経済計算(GDP統計) > 統計データ > 統計の作成方法 > 四半期別GDP速報(QE)の推計方法」(2005年1月改定)について

四半期別GDP速報(QE)の推計方法」(2005年1月改定)について

2006年7月12日
経済社会総合研究所
国民経済計算部

四半期別GDP速報(QE)の推計方法については、平成14年8月13日に「四半期別GDP速報(QE)の新しい推計方法」を公表した後、平成15年1月27日に改定版、さらに平成16年8月4日に第3版を公表してきたところですが、このたび、その後の推計方法の変更を反映した第4版を作成しましたので、以下のとおり公表いたします。

「四半期別GDP速報(QE)の推計方法」(平成18年7月改訂)についての公表資料はこちらから

主な改定内容
箇所 概要 適用時期
11ページ 実質値(連鎖方式)におけるベンチマークによる遡及改定の対象期間について 平成16年10~12月期
1次QEより適用
14ページ 運賃額、卸売・小売マージン額推計方法の改定 平成17年7~9月期2次QEより適用
第IV章1
(16ページ~)
家計最終消費支出の需要側補助系列の推計方法の改定(「家計消費状況調査」の活用)
5ページ
第V章
(33ページ~)
実質化の方法として連鎖方式の導入
第VII章
(43ページ~)
原系列の改定に伴う季節調整モデルの見直し等
44ページ 在庫品増加に関する季節調整方法の改定 平成16年10~12月期
1次QEより適用
(参考:既公表分)
  • 当ページに掲載の資料の一部はPDF形式のファイルであるため、閲覧するにはAdobe Reader別ウインドウで開きますが必要となります。
内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan経済社会総合研究所
〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館