幸福度研究

欧州研究者による幸福度に関するセミナー(平成24年11月)

平成24年11月に、アンドルー・クラーク 氏(仏国立科学研究センター教授)、コンチータ・ダンブロシオ 氏(ボッコーニ大学准教授)をお迎えして幸福度に関するセミナーを開催しました。

第49回ESRI-経済政策フォーラム「幸福度・質的成長の測定-新しい社会指標の整備方針を探る-」
(平成24年12月)

幸福度に関するパネルディスカッション(平成24年3月)

内閣府経済社会総合研究所では、この度、パネリストとして幸福度の調査研究に取り組んでいる自治体の担当者や研究者の方々をお招きして幸福度に関するパネルディスカッションを開催しました。

平成24年3月19日(月)10時~12時に東京(三田共用会議所)

  • 1.主催者挨拶(内閣府経済社会総合研究所 次長 堀田 繁)
  • 2.主旨説明(国立社会保障・人口問題研究所 所長 西村 周三)
  • 3.幸福度に関する研究会報告 ―幸福度指標試案(大阪大学教授、内閣府幸福度に関する研究会座長 山内 直人)
  • 4.荒川区民総幸福度(GAH)~誰もが幸福を実感できる地域社会を目指して~(荒川区長 西川 太一郎)
  • 5.福井の幸福と希望について(福井県副知事 満田 誉)
  • 6.兵庫県における指標作成の取り組み(兵庫県企画県民部ビジョン課 主幹 芦谷 恒憲)
  • 7.京都幸福指数の考え方と取り組み (電通総研部長、京都経済同友会の指標作成担当 袖川 芳之)
  • 幸福度に関するパネルディスカッション

現在の研究テーマ

世代重複モデルの開発・整備
個票データの分析による家計行動の研究
マイクロ・シミュレーション・モデルの開発・整備
環境CGEモデル

生活の質の測定―医療・教育の質及び生産性の測定

日中韓経済関係の研究
地方自治体の公共サービス生産の視点からみた効率化・最適化に関する研究

事業所の震災からの復興過程に関する研究
科学技術と経済社会に関する調査研究

研究会報告書等(ナンバー別)

国際共同研究

過去の研究