消費動向調査

  • 「消費動向調査」は、消費者の暮らし向きに関する考え方の変化や物価の見通しなどをとらえ、景気動向の把握や経済政策の企画・立案の基礎資料とすることを目的として、毎月実施しています。
  • 調査結果は、「消費者態度指数」(報道などでは、「消費者マインド」という表現が用いられることもあります。)、「1年後の物価の見通し」として公表しています。
    (その他、耐久消費財等の保有買替状況(年1回)も調べています。)
  • 「消費支出金額」は調べておりません。

お知らせ

令和元年11月「消費動向調査」の実施状況について(令和元(2019)年11月29日)New
  • 令和元年11月調査は全調査地点で調査を実施しています(令和元年10月調査においては、令和元年台風第19号の影響により、長野県の1調査単位区における調査の実施を見合わせましたが、11月調査から再開しました)。
平成30(2018)年10月調査より調査方法等を変更しました。(平成30(2018)年10月31日)

最新の調査結果

調査の概要

調査の結果

オーダーメード集計について

その他の情報

問い合わせ先

内閣府 経済社会総合研究所景気統計部
電話03-6257-1628(ダイヤルイン)