現在の研究テーマ

現在、(1)GDP統計を中心とする統計改革への積極的対応、(2)マクロ経済と生産性を中心とした研究を重点的に進め、さらに分野横断的テーマとしてデジタルエコノミーに関する研究の実施、(3)地域経済や少子高齢化など経済財政政策に限らない幅広い政策分野に資する研究の実施を基本的な考え方として研究を推進しています。

マクロ経済に関する研究


生産性に関する研究


少子高齢化に関する研究

地域経済に関する研究